伝統を受け継ぐ「漆」をもっと身近に
カラフルな漆器で暮らしを豊かに彩る

神や仏が身近な”祈りの都”奈良。
この地に1300年以上前から受け継がれる伝統工芸品が、「奈良漆器」です。
中国から直接器物を輸入すると同時に、工人を招いて製作にあたらせ、その技術が日本人にも伝わったと考えられています。漆器そのものが奈良発祥とも言われており、世界に誇る日本文化として定着しています。

奈良漆器の大きな特徴として、「螺鈿細工」と「天平文様」が挙げられます。
螺鈿細工は、夜光貝やアワビ貝、チョウ貝などの真珠層を、模様の形に切り、ヒノキの木地に貼りつける技法のこと。漆で埋めてから時間をかけて磨ぐことで、目を見張るほど美しい模様が浮かび上がってきます。
天平文様は奈良漆器独特の模様で、奈良時代の天平文化を象徴する華麗な模様です。

他にも、貝の代わりに金銀の板金を扱う「金銀平脱」や、薄板を文様に切って、漆で塗り固めてから下の文様を研ぎだして表す「平文」という技法があります。

正倉院には、これらの技法を駆使した、数多くの奈良漆器が収蔵されています。

漆の技術の向上と仏教の深い関わり

飛鳥時代には、仏教伝来とともに仏具が盛んに作られました。
日本の仏像の特徴として、木を素材として多用している事が挙げられます。飛鳥時代にはクスノキが多用され、奈良時代に入ると、乾漆を併用するようになっていきます。

test

興福寺にある奈良時代の仏像彫刻の傑作で、国宝「阿修羅像」は、「脱活乾漆(だっかつかんしつ)」という技術で作られています。
粘土で成形された原形に麻布を張り重ね、漆を塗って仕上げるという方法で、日本彫刻史上著名な作品がたくさん残されています。

test

また、厚貝を用いた螺鈿細工は神仏に捧げるのにふさわしい品格を備えています。夜光貝やアワビ貝などの真珠層を切り出し、模様を浮かびあがらせた螺鈿は、目をみはるほど美しいものです。
宝石箱や文箱などに使われる他、神仏に捧げる調度品として、興福寺や春日大社などに奉納されています。

伝統工芸品である漆器は、高価で“ハレの日のもの”というイメージが強いものです。
そんな漆器を日常的に楽しむことができるのが、塗師の阪本修さんが手がけるデザインプロダクト「Urushi no Irodori」。代々、指物師として伝統工芸を営む家庭に生まれ育った阪本さんが、「ふだん漆器になじみのない人たちにも使ってもらえるように」とデザインした漆器ブランドです。

華やかで目を引くデザインは「これが漆の器?」と驚くほど。漆器ならではの口当たりの良さや、木目、刷毛目をいかした手作りの質感も魅力です。愛好家はもちろん、「これから漆器を使ってみたい」という方にもおすすめです。

test

カラフルな色使いは言われるまで漆器と気づかないほど。まさにブランド名のとおり、食卓にIrodoriを与えてくれる食器です。

Urushi no IrodoriUrushi no Irodori

Address
奈良県奈良市雑司町2-1
Tel
0742-22-2953
Web
http://www.urushi-no-irodori.com/

この記事をシェアする