本気で真似ることで、
無限の可能性が花開いた赤膚焼

古墳時代特有の焼き物といえば「埴輪」が代表的です。
その姿は、誰もが歴史の教科書などで一度は目にしたことがあると思います。
起源は、垂仁天皇の家臣であった野見宿禰(のみのすくね)が、権力者の埋葬に際して共に埋められる殉死者を不憫に思い、代わりに人や馬の形を作ったのが始まりだと言われています。
その功績が認められ、垂仁天皇より「土師職(はじつかさ)」を賜り、埴輪や土器を作ったといいます。
もともと奈良には作陶に適した土が多くあり、万葉集で有名な「青丹よし(あおによし)」の枕詞も、地域で良質な粘土が産出されたことに由来する説もあります。

16世紀に入ると、豊臣秀吉の弟秀長が郡山城主として地域を治めます。
赤膚焼は、秀長が尾張常滑の陶工であった与九郎を招いて茶道具をつくらせたことが始まりとされています。
また、17世紀に野々村仁清の指導を受けて飛躍的な進歩を遂げたことで、その地位を高めました。
大名茶人で遠州流茶道の祖、あった小堀遠州が好んだ遠州七窯に数えられることでも有名です。
その後、一度は途絶えた赤膚焼ですが、17世紀末に郡山城主によって再興され、郡山藩の御用窯として保護奨励を受けました。

名工と呼ばれ、いまだにその名が轟く奥田木白(おくだもくはく)が現れたのが幕末の頃。木白はもともと「柏屋」という屋号で、暮らしに使われる道具類を扱う荒物商を営んでいました。
「木白」の雅号は、この柏の字を二つに分けたとされます。遊び心あるネーミングからも、木白が自由な気質の持ち主であったことが窺えます。
さらにその自由な性格を表すように「諸国焼物模物所」の看板を掲げ、全国各地の焼物の写しを得意とし、時にその作品は本歌を凌ぐほどのものだったようです。

test

その名残なのか、現在の赤膚焼の作風は極めて自由、赤膚の語源ともいわれる釉薬をかけない技法を使った作品はごく一部で、ルールに囚われない大胆なコンセプトの作品が目立ちます。

その自由な作風を今に引き継ぐように、赤膚焼 香柏窯(こうはくがま)の八代目 尾西楽斎さん。
解体修理を行なった薬師寺の国宝・東塔の基壇に使われていた1300年前の土を使った作品や、陶器の一部に漆や螺鈿の技法を使った作品など、今も興味深いチャレンジングな作陶を手がけています。
時に、模倣は優れた独創性の礎となることがあります。まさに赤膚焼の発展には、次なる新しい可能性を生み出すための多くのヒントがあるようにも思えます。

test

店内はいわゆる“赤膚焼らしい”茶器や花器だけでなく、作家さんの創作性で焼き上げられた器がそれぞれ違った個性を放ち、まるでセレクトショップの趣。

香柏窯 尾西 楽斎Kōhakugama Onishi Rakusai

Address
奈良県大和郡山市高田町117
Tel
0743-52-3323
Web
http://akahadayaki.jp/

この記事をシェアする