お知らせ

日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」が開催されます。

2020年は、日本最古の正史『日本書紀』が編纂されてから1300年の節目の年です。
その記念すべき年に、上野の東京国立博物館平成館にて、古代日本の成り立ちを紐解く特別展「出雲と大和」が開催されます。
同展では、出雲大社の神宝や出雲の青銅器、大和地方で守り伝えられた門外不出の仏像などが多数公開されます。

こちらのお知らせでは、一足先に特別展の見どころをご紹介いたします。前売り券などのチケット情報もありますので、ぜひ本文をご覧ください。

test <重要文化財>日本書紀 巻第二(南北朝時代・永和1~3年(1375~1377) 愛知・熱田神宮蔵)

「出雲と大和」とは?

「つたう」のテーマともなっている「出雲と大和」。それでは、「出雲と大和」が表すものとは何なのでしょうか。
『日本書紀』の冒頭に記された国譲り神話によると、出雲大社に鎮座するオオクニヌシは「幽(ゆう)」、つまり人間の能力を超えたいわば神々や祭祀の世界を司るとされています。一方で、天皇は大和の地において「顕(けん)」、すなわち目に見える現実世界、政治の世界を司るとされています。つまり、古代において「出雲と大和」は”神々の世界”と”目に見える現実世界”を象徴する場所として、重要な役割を担っていたのです。

2020年は、日本が国内外から注目される年。その2020年に開催される特別展「出雲と大和」は、「幽」と「顕」を象徴する地である出雲(島根県)と大和(奈良県)の名品を一堂に集め、古代日本の成立やその特質に迫ります。

test <国宝>出雲大社本殿 外観

みどころ① 出雲大社のご神宝、東京へ

オオクニヌシをまつる出雲大社は、古代にはなんと48mもの高さを誇ったと言われています。展示第1章「巨大本殿 出雲大社」では、鎌倉時代に本殿を支えた巨大な柱「心御柱(しんのみはしら)」「宇豆柱(うづばしら)」とともに、出雲大社に古くから伝わる手箱や甲冑などのご神宝をはじめ、社殿を飾っていた絵画など、出雲大社の歴史を物語る作品が一堂に会します。

test <国宝>銅剣・銅鐸・銅矛(部分)(島根県出雲市 荒神谷遺跡出土 弥生時代・前2~前1世紀 文化庁蔵(島根県立古代出雲歴史博物館保管))

みどころ② 大量の出土青銅器

第2章「出雲 古代祭祀の源流」には、国宝・荒神谷(こうじんだに)遺跡から出土した青銅器(銅剣・銅鐸・銅矛)から計189点、国宝・加茂岩倉(かもいわくら)遺跡出土銅鐸のうち30個が展示されます。これだけの数が東京でまとまって出品されるのは、およそ20年ぶりとなるそうです。
本章では銅鐸の展示をはじめ、弥生時代の祭祀に用いられた品々の移り変わりを通して、出雲における古代祭祀の源流を探ります。

test <重要文化財>三角縁神獣鏡(奈良県天理市黒塚古墳出土 古墳時代・3世紀 文化庁蔵(奈良県立橿原考古学研究所保管))

みどころ③ 出土数最多の三角縁神獣鏡

大和に出現した前方後円墳は政治権力の象徴で、王権の儀礼が繰り広げられた舞台でもあります。第3章「大和 王権誕生の地」では、埴輪や副葬品にみる古墳時代の多彩な造形が豊かに展開するさまをたどりつつ、ヤマト王権の成立の背景に迫ります。
展示のみどころは、黒塚(くろづか)古墳の被葬者を護り鎮めた33面の「三角縁神獣鏡」。この数は、1つの古墳から出土した数としては全国最多となります。そして、本章ではその全点が展示出品されます。

test <重要文化財>浮彫伝薬師三尊像(飛鳥~奈良時代・7~8世紀 奈良・石位寺蔵)

みどころ④ 門外不出の仏像、初公開

最後を飾る第4章「仏(ほとけ)と政(まつりごと)」では、仏教を中心とした国づくりが進められる中で、国の安泰と人々の生活の安寧を祈り誕生した仏像などの造形が紹介されます。古墳時代後期に伝来した仏教は、飛鳥時代や奈良時代には天皇、貴族、地方豪族を中心に人々の信仰を集めました。
みどころは何と言っても、1300年の間、大和の地でひっそりと守り伝えられた最古級の石仏。今回が寺外初公開となります。鋭い彫り口や、わずかに残る彩色などの細部にも要注目です。

グッズ販売コーナーで「つたう IZUMO to YAMATO」のPICKUP商品が購入できます。

会場となる東京国立博物館 平成館では、特別展グッズのほか、「つたう」のサイトでご紹介している出雲・大和の銘品も一部販売しています。お帰りの際、ぜひお立ち寄りください。


古代の名品の数々が一堂に会し、壮大な歴史のロマンを感じられる特別展「出雲と大和」は、2020年1月15日(水)より約2ヶ月にわたって開催されます。お得な前売り券など、チケット情報は下記よりご確認ください。

特別展チケット情報https://izumo-yamato2020.jp/ticket.html


特別展情報

日本書紀成立1300年
特別展「出雲と大和」

会場:東京国立博物館平成館(東京都台東区上野公園13-9)
会期:2020年1月15日(水)〜2020年3月8日(日)
※詳細情報は、公式サイトをご確認ください。

この記事をシェアする